京都の新着ニュース 【京都市営地下鉄 利便性向上へ夜間増便】

3月下旬  ダイヤ見直し乗り継ぎ短縮

 京都市営地下鉄の利便性を高めるため、市交通局は3月下旬から、午後9時以降に東西、烏丸の両線で計4往復の増便を図る。合わせてダイヤの空き時間の均一化を進めることで、両線が交わる烏丸御池駅での乗り継ぎ時間を短縮化する。コスト増にはなるものの、同局は「『攻めの姿勢』で増客を目指し、経営改善につなげたい」としている。

 地下鉄の増便は2000年以来10年ぶり。午後9時〜同11時台で、烏丸線を1往復、東西線を3往復増やす。


»詳細はこちら(パソコン用)